メガネ

サプリメントで補いたい

現代はスマホやパソコンの普及が原因で、お子様や20代、30代の若い人も老眼のような症状が見られる人が増えています。必要がない時はスマホの使用を控えることも大事ですが、ポリフェノールやアントシアニンが含まれている食品を食べるのもお勧めです。

詳しく見る

メガネ

ブルーライトをカット

若者に多い、スマホ老眼の原因は、長時間可視光線のブルーライトを眼に浴びることである。その対策には、スマホやパソコンを長時間やらないようにしたり、光りを抑え距離をとることが有効。ブルーライトカットメガネにより、眼精疲労を軽減させることで、スマホ老眼の予防にも効果を出すと考えます。

詳しく見る

女性

年齢とともに焦点がズレる

老眼になっている人がスマホを見ると、当然、近い距離では焦点が合わなくなるため、それなりに目から遠ざける必要があります。しかし、若者はスマホ利用が激しいケースが多いため、使いすぎると老眼を速めます。対策は専用の眼鏡レンズを付けることです。

詳しく見る

メガネ

若者も注意が必要な症状

スマホが生活に深く密着している昨今、スマホ老眼になる方が増えています。一時的ではあるものの、一般的な老眼と同様に近くのものにピントが合いづらくなる症状が発症をします。対策としては、長時間のスマホ操作を避けたり、目のストレッチをするのが効果的です。

詳しく見る

男性

目の老化を防ごう

私達の生活にはスマートフォンが必須になりつつあり、スマートフォンの長時間使用により、様々な問題が起こっています。中でも、スマホ老眼は深刻な問題のひとつで、年齢が若い人でも視力が落ちてしまってものが見えづらくなっている人たちがいます。ですから、みなさんもスマホ老眼に気をつけて生活していきましょう。

詳しく見る

見づらくなる原因とは

男性

効果的な対策を紹介

老眼とは、加齢によって目の周辺にある筋肉などが衰え、ピントを合わせずらくなることで手元が見えにくくなる老化現象の1種です。しかし、10代〜30代の老化とは縁遠い若い世代の間で老眼に似た症状を訴える人が増えています。これは、スマホによる目の酷使が原因と言われています。スマホは、普通は手に持って近い距離で見るものです。それが長時間続くと、ピントが固定されて調節しにくくなり、スマホから顔を上げて遠くを見るとぼやけるようになります。その状態を繰り返すうち、毛様体筋のピント調節機能がうまく働きにくくなり、手元も見づらい、なんとなくぼやけるといった老眼のような症状が起こるようになるのです。この状態を、「スマホ老眼」と呼んでいます。一時的な症状に治まるケースがほとんどですが、重症化すると目の奥に痛みを感じる、肩こりや頭痛がするといった眼精疲労を起こすこともあります。症状を軽減する対策としては、スマホを見る時間を1日2時間以下に減らす、意識的に遠くの景色を見る時間を持ち目を休める、眼球をぐるぐる回すトレーニングをするなどが挙げられます。タオルを温かい湯で濡らして絞り、目の上においてしばらく温パックすると、目の血行を促進して毛様体筋の疲れがほぐれるため、スマホ老眼の改善に効果があるとされています。そのほか、目に良いとされる栄養がとれる食べ物を意識的に摂取するのも良いでしょう。アントシアニンが有名ですが、ビタミンAやビタミンB、ルテインなども目の機能回復や疲労回復に役立つと言われています。食事だけでは難しい時は、サプリメントを活用してみるのも良いでしょう。

Copyright© 2018 若い世代はスマホ老眼に注意!【重症化すると目の奥に痛みを感じる】 All Rights Reserved.