ブルーライトをカット

メガネ

目の保護のために

ブルーライトとは、可視光線の中でも最も強い光りで、角膜や水晶体を通過して網膜まで達します。ブルーライトは、主にLEDライト、スマホやパソコン画面、ゲーム機などから発生しています。この光りを見ることで、眼精疲労により視力低下や体内リズムの乱れを起こして、安眠妨害などをひき起こします。このブルーライトにより、眼にストレスを与え、今、若者にも老眼の症状が出るスマホ老眼が増えています。ピント調節が上手くいかず、遠くのものは見やすく、近くが見辛くなる症状が老眼です。では、スマホ老眼にならないためには、どうしたら良いのか。なるべく、ブルーライトとの距離をとることや、パソコン画面やスマホではディスプレイの明るさを下げたり、ブルーライトフィルターをかけることで軽減できます。また、ブルーライトカットメガネを使用することで、眼を守ることができます。このブルーライトカットメガネの効果を実感した方は、長時間、画面を見続けた際の目のチカチカ感が軽減したり、目の疲れからくる肩凝りや偏頭痛の軽減を実感されています。ブルーライトカットメガネを、使用する目的としては、主に画面を見続けた際の眼精疲労の軽減、随伴する症状の軽減になります。パソコンで長時間仕事をする方、スマホを長く見続ける方にとって、ブルーライトカットメガネは、目の保護に大きな効果を実感されるかと思います。今後も若者たちのスマホ老眼が増えることが予想され、対策のひとつとして有効だと考えます。

Copyright© 2018 若い世代はスマホ老眼に注意!【重症化すると目の奥に痛みを感じる】 All Rights Reserved.