目の老化を防ごう

男性

若い人に増加中

私達の生活は、デジタル機器の発達によりどんどん便利になっています。特にスマートフォンは現代の人たちにとっては無くてはならない道具です。しかし、スマートフォンは便利が故に長時間使いすぎてしまう人が多く、そのことにより問題が発生しています。そのひとつがスマホ老眼と呼ばれるもので、スマートフォンの長時間使用により、遠近両方の視力が落ちてしまうことを指します。まだ20代、30代なのに手元が見づらい、遠くを見るとぼやけてしまうなどの症状が出ている人はスマホ老眼の疑いがありますので、目の健康に気遣った生活をしてください。スマホ老眼の具体的な対策としては、10分に一回は遠くの風景などを見てピント調節の機能を鍛えてあげたり、蒸しタオルなどで目を温めて目の血行を良くして毛様体筋の緊張をほぐしたりすることが有効です。他にも、スマホ老眼の疑いがある人は、食べるものに気をつけるのも良いでしょう。目に良い栄養素を含んだ食べ物を選ぶことが重要で、水晶体や毛様体筋の代謝に必要な魚や肉などに含まれるビタミンB6や納豆や緑黄色野菜などに含まれる角膜炎予防に効くビタミンB2は積極的に摂取していきましょう。それだけでなく、ナッツ類に含まれるビタミンEやベリー類に含まれるアントシアニンなども目に良い栄養素と言われているので、積極的に食べていきたいところです。スマホ老眼は重症化すると日常生活に支障が出ますので、早めに対策を取ることが大切です

Copyright© 2018 若い世代はスマホ老眼に注意!【重症化すると目の奥に痛みを感じる】 All Rights Reserved.