サプリメントで補いたい

メガネ

必要がない時は使用しない

老眼は40代以降の人に見られることが多いですが、現代はパソコンやスマホの普及で目を酷使している人が増えており、お子様や20代、30代の若い人も近くの物や文字が見えにくくなるスマホ老眼の症状が見られる人が多いです。長時間スマホを使用していると目のピント調節機能が低下してしまうのが原因です。スマホ老眼を予防するためには、長時間のスマホやパソコンの使用を控えて、遠くを見るなど目を休ませることが大事です。現代はブルーライトカットの眼鏡も販売されているので、目の負担を減らしたい人は一度購入してみると良いでしょう。老眼のような症状が見られる場合はブルーベリーやカシス、ビルベリー、ルテインなどのサプリメントを服用するのもお勧めしたいです。普段の生活では肉類や脂っこい食事は控えるようにして、優れた抗酸化作用のあるアントシアニンやポリフェノールなどが、含まれている食品を積極的に食べて下さい。現代は以前に比べると目の不調を感じている人が多く、老眼も若年化している傾向があります。生活習慣や食生活を見直すことで改善が可能ですが、気になる症状が見られる場合は、早めに眼科を受診して精密検査や視力検査を受けて下さい。スマホは現代人には欠かせない必需品になっていますが、必要がない時は使用を控えて十分な睡眠や休息を取って下さい。近くの物や文字が見えにくい場合は老眼鏡を使用すると目の負担を減らすことができます。現代はお洒落なデザインの老眼鏡が販売されています。

Copyright© 2018 若い世代はスマホ老眼に注意!【重症化すると目の奥に痛みを感じる】 All Rights Reserved.