若者も注意が必要な症状

メガネ

手軽に出来る対策とは

老眼は近くの物にピントが合いづらくなる症状を指します。加齢によるピント調節機能が原因となっており、一般的に40代から50代にかけて発症するケースが多くなっています。加齢による老眼に加えて、近年、社会問題になっているのが、スマホ老眼です。スマホ老眼は一般的な老眼と同様に近くの物にピントが合いづらくなる症状で、年齢を問わずスマホを使う層の方が発症します。一般的な老眼は老化によるピント調節機能の低下が原因となりますが、スマホ老眼の場合はスマホの見過ぎによって、一時的にピントが合いづらくなる状態が生まれます。あくまでも、一時的な症状なので、時間が経てば、治りますが、慢性的にスマホ老眼が発症する様な状態にあると、老眼が進行してしまうリスクがあるので、危険です。また、ピントが合いづらくなるだけでなく、ドライアイや睡眠障害に繋がるリスクもあるので、注意をしましょう。発症しない為の対策としては、まず、長時間スマホを連続して操作をしない事が大切です。仮に長時間操作をする場合でも、小まめにインターバルを取るなど目のケアは怠らない様にしましょう。さらに、スマホの見すぎで目の疲労を感じている様な場合には、目の緊張や疲労をほぐす為のストレッチなどを行うのも1つの手です。目に良い食事を摂るようにするなど日常生活から変えていく事が出来る点もあるので、無理の無い範囲で取り入れていくのが良いでしょう。若年層こそ、スマホ老眼になるリスクは高いと言えるので、若い方も他人事と思わずに注意をしましょう。

Copyright© 2018 若い世代はスマホ老眼に注意!【重症化すると目の奥に痛みを感じる】 All Rights Reserved.